防音賃貸

防音賃貸の中には楽器防音物件よりもややランクの下がった楽器遮音物件と呼ばれるものもあります。楽器遮音物件は一般的に、防音処理を行っているものの安価に抑えるためにある程度妥協しており、夜間や非常に大きな音を出す楽器は制限されている物件です。

楽器が可能な防音設備のある物件として賃貸経営しているので、ある程度音が漏れてしまうし、隣室から漏れてくるものだと思ったほうが良いでしょう。日中時間帯に限って演奏が可能とされている場合がほとんどですので、その時間はお互い様だという方が入居されていることがほとんどかと思います。自分が楽器の演奏をしないで静かに生活しているときでも、楽器の演奏が可能な時間帯ならば隣室の楽器の音が聞こえてきてしまうということも受け入れなければならない住宅かと思います。可能な時間帯であれば騒音の苦情も管理会社は受け付けてくれないでしょうし、そういった点も妥協しなければならないでしょう。

一般的な賃貸住宅と比較すれば、二重サッシや分厚い壁など明らかに音の聞こえ方や漏れ方は異なる物件だと思います。副次的な効果で断熱性も高くなることでしょう。

楽器遮音物件は楽器防音物件と比較して賃料が低く設定されていることが多いと思います。一般的な何の対策もされていない物件と比較すれば高額になってしまうでしょうが、べらぼうに高いということも多くないので検討に値する物件になることでしょう。また、他の賃貸住宅と比べて楽器に対する理解の多い居住者がほとんどだと思いますので、騒音トラブルに発展することは少ないでしょう。

One thought on “防音賃貸

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *