部屋の反響

しっかりとした防音対策をしても自宅での収録にはまだまだハードルがあります。トンネルやお風呂などでは壁などに反響して普段と音が大きく異なって聞こえるのと同様に、一般家庭の住宅の壁も多かれ少なかれ音を反響させています。この室内の響きは日常生活ではほとんど気になることがありませんが、ヴォーカルやアコースティックギターなどの収録しようとするとおおきな問題になることでしょう。音が反響する部屋でマイクを立てて自分のヴォーカルを収録しようとすると、自分の口から直接発せられた声だけでなくて自室の壁から反響した声もマイクに入ってしまいます。トンネルで声を出したときまでではないものの、反響によって輪郭のはっきりしない音声になってしまいます。

ぼやけてしまうのは収録するときだけではありません。スピーカーの音も大きな影響を受けてしまいます。一般的な住宅では壁や天井、床は平行に設置されています。この壁や天井との間で音の反射があわせ鏡のように繰り返される「フラッタエコー」と呼ばれる減少が起きてしまいます。これによってスピーカーから出た音が反射され続けぼやけてしまい、音の定位がわからなくなってしまうほど影響が出ることがあります。更に、特定の周波数が持ち上がることや、下げられてしまうこともあります。これでは正確に音楽を聞くことができなくなってしまい、音作り作業やリミックス作業などの作業にも影響が出てしまうことでしょう。