収録ルーム

音楽制作をしている人のみならず、自宅で楽器を演奏したり音楽を聞いたりしたいという人は多いでしょう。しかし、楽器の演奏は話し声やテレビの音とは比べ物にならないほど大きな音が出てしまうものです。ノリノリで演奏してついつい大きな音が出てしまうと、家族や近隣の住民から苦情が来ることは間違いないでしょう。自宅で大音量の音楽を楽しむということはなかなかハードルが高いものです。賃貸住宅の中には防音住宅や楽器可物件などの防音対策を強化したり、楽器や音楽の演奏に寛容な物件があります。このような配慮がなされている住宅に住むというのは良い選択でしょう。

特に防音に重点を置く必要があるのは自宅で様々な音楽をレコーディングしたいアマチュアの方々ではないでしょうか。良い録音が取れたと思ってプレイバックしてじっくり聞いてみたら、近くを通ったバイクの音や、子供の騒ぎ声等が入ってしまったりして没になってしまっては残念です。これは自宅で録音での失敗談としてはよくある話です。しかし、深夜に収録を行うというのも難しいでしょう。周囲が静かであり収録には良い環境ですが、日中よりも音漏れに敏感になる必要があります。自分にとっては素敵で代えがたい音楽であってもはやり周辺の人にとっては単なる騒音でしかありません。ご家族であればある程度理解してもらえても、近隣の住民に理解してもらうことはこんなんでしょう。時間帯に左右されることなく、また特別なスタジオを借りることなく自宅で収録できるようになることには誰しも一度は憧れることではないでしょうか。