自室改造

楽器可物件で音楽制作をする際に考えるべき処置は吸音と拡散として防音です。楽器可物件であっても完全な防音ではありませんから自分で可能な限りの処置を行うべきでしょう。この吸音や拡散は似たように思えるかもしれませんが、大きく異なる意味を持ちます。防音はわかりやすいかと思います。室内の音を外に漏らさないようにするだけでなく、周囲の喧騒から遮断することです。吸音とは文字通り音を吸い取ることです。これは防音とは異なり室内での音の反響を抑えるために行います。そして、拡散は室内の響きが偏って増幅されたりしないように意図的に均等に反射させることです。

まず、最大限に意識するべきは防音でしょう。しかし、その防音は賃貸住宅のそもそもの設計に大きく依存することになってしまいます。1室を完全な防音室にするためには大規模な工事が必要になってしまい、賃貸住宅ではほとんどこんなんでしょう。そういう場合では、簡易の防音ルームなどを導入してその中で演奏や収録を行うことなども考えるべきかもしれません。

吸音と拡散は個人でも比較的簡単に実施することができます。吸音は音を吸収する素材を使用して音響調整を行います。拡散は表面が計算された凹凸でできた素材を壁に貼り付けて、音を乱反射させ多方面に反響させることにより淀みを軽減します。これらは専用のグッズが数多く販売されているのでこれらをうまく使うことによって、部屋の響きを整えることが可能です。吸音と拡散がうまく出来上がれば専用スタジオと比較して遜色ないレベルまで高めることができるでしょう。さらに、収録に限らずスピーカーからの音声がよどみなくいい音が再生できるようになることでしょう。